家。途中経過

家の改修がね。。
住んでしまうと中々進みません。
ミニマリストゆえ荷物も少ないので部屋も家族五人で2部屋あればじゅうぶんだしー
しかしながら
「夏休み合宿行くから!」
てなお声も多いので、ちょっとやる気が出てきました^^(すうみんが)

まず一丁あがり!

玄関入ってすぐの、なんだろうココって。
フロント?
床をはがして根太補強、コンパネ貼って、
そしてなんと

畳作りました。なにそれすごい

床を治すと普通の畳では厚みが合わず、いろいろ探しまくった結果
「無いなら作る」
踏んでもちゃんと畳だー
すうみんすごいな

お次は押入れ

冬ふとんを片付けたい~
すると、
壁の中から出てきたもの



昭和15年。第二次世界大戦前の毎日新聞

記事はちんぷんかんぷん

いつの世も




まいかい少しずつ家が出来上がってくる様子を楽しみに来てくれる客人もいたり。
わたしたちもお借りして暮らしてるので、
訪れる方々もわたしたちと同じような気持ちで使ってもらえる様に、ほぼセルフ。
なにか気づきがあればシェアしよう。
次に来る人も綺麗に使ってもらえるように、、とか
これがまたいちいち言わなくてもいい人ばかりなんだな~感動!
いい人ばかりの縁になってきたなあ◎◎◎
出来上がっていく過程を見守ってくれて、中にはいてもたってもいられず手伝ってくれたり、
そうやって手をかけ時間をかけみんなの心の故郷になりつつあるかも。

ありがとう
ありがとう
ありがとう
I kin ye

この家はかしこい人のお家だったと、噂の噂をききました◎
菌が生きてますように


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール
カテゴリー
最新記事
リンク

QRコード

ページの先頭へ